is6com

【海外FX】is6com(アイエスシックスコム)のボーナス

ボーナスが魅力のis6comとは?

ボーナスが魅力のis6comとは?のアイキャッチ画像

会社概要

is6comはセーシェル共和国に本社を置く海外のFXブローカーで、サポートセンターをフィリピンに設置しています。
会社の設立は2016年12月12日と2019年9月時点では2年9ヶ月で、他社と比べて実績が少ない業者ですが今後の動向が注目されます。

資本金は2000万ドルで日本円に直せば1ドル100円で換算すると20億円で、従業員数は18名と規模は小さめです。

電話番号は固定電話で国際電話で通話が可能で、受付時間は平日の10時から17時と他社よりも短くなります。

金融ライセンスは新しい業者のため保有していないため、無許可で営業しているため出金拒否などが発生する可能性もないとはいえないものです。

会社概要は以上のとおりですが、他社と比べて信用度が低く金融ライセンスの保有など今後の動向が気になります。

is6comのメリット

会社のサービス内容は取引方式はNDD方式で、国内のようにDD方式ではなく約定力が高くスピードも早いです。

日本語サポートは公式サイトの表記や電話、メール、LINEで対応し、日本人トレーダーでも安心して利用できます。

入出金は口座の通貨は日本円または米ドルを使用し、海外銀行送金やクレジットカード・デビットカード、bitwalletがあり、手数料は海外銀行送金で2万円以下で1500円かかる事例を除き無料です。なおかつ、口座反映までの時間は即時になり、他社よりも有利といえます。

出金は銀行送金とbitwalletで3~5営業日で口座に反映し、手数料は月1回まで無料です。

レバレッジは最大1000倍と海外の業者と比べて高く、少ない証拠金で一獲千金を狙うこともできます。

口座タイプはマイクロ口座、スタンダード口座、プロ口座があり、スプレッドの広さが異なりトレードスタイルに合わせて選べます。

スキャルピング取引は禁止されていないため短時間で稼ぎやすいですが、サーバーの強度が強くないため注文の誤差が出ることも多いです。

口座残高は追証なしのゼロカットシステムを採用しているためマイナスになることはなく、国内の業者のように借金を背負うことがなくて安心できます。

そして何より、今回この記事で詳しく紹介するボーナスは、業界トップクラスで豪華となっています。

is6comのデメリット

ただし、メリットだけでなくデメリットもあり、利用する前に確かめてからトレードをすることが大事です。

取引プラットフォームはMT4に限定され、他社と比べて脆弱性があります。

金融ライセンスは取得していないため、他社と比べると信用度が低いです。

通貨ペアは33種類と他社よりも少なく、CFD銘柄もなくてトレーダーの選択肢が限られてしまいます。

資金管理は金融ライセンスがなくて分別管理がされているか疑問で、万が一の時に備えて多く預け過ぎないようにすると良いでしょう。

is6comの口座開設ボーナス

is6comの口座開設ボーナスのアイキャッチ画像

口座開設ボーナスは、新規に口座を開設するだけで5000円や10000円のボーナスクレジットを受け取れ、そのままトレード資金として使うことも可能です。

口座を開設する方法は、公式サイトのトップページから口座開設ページを開き、専用フォームに名前や住所を登録して口座タイプを選ぶだけでできます。

このボーナスは期間で受け取れる金額が変わります。

ボーナスの受け取り条件

口座開設ボーナスを受け取る条件として、スタンダード口座を選んだ場合に限られます。マイクロ口座やプロ口座にすると適用されないため注意が必要です。

キャッシュバックサイトからの申込みは対象外になり、公式サイトで直接申し込むことが求められます。

本人確認を完了させないと出ないため、申し込む前に顔写真付きで住所や生年月日を確認できる書類を準備することが必要です。

出金はあくまでも利益が出た場合に限られ、口座開設をしてすぐに引き出す持ち逃げができないため注意が必要です。

口座開設ボーナスは資金がなくてもトレードを経験でき、運良く利益を出せば出金ができるためリスクがなくて初心者が慣れるきっかけになります。

ボーナスクレジットの金額は他社と比べると高めになり、レバレッジも最大で1000倍になるため5000円でも多くのポジションを保有できて効果的です。

is6comの口座開設ボーナスの注意点

is6comの口座開設ボーナスの注意点のアイキャッチ画像

is6comは口座開設ボーナスが付与されますが、申し込む際にキャッシュバックサイトを使うと一切適用されなくなります。
ボーナスでお得にトレード資金を作りたいと考えていれば公式サイトから申し込み、口座のタイプはスタンダード口座を選ぶことが必要です。

マイクロ口座やプロ口座はボーナスを付与されないため、スプレッドが低くスキャルピング取引を中心にトレードをする場合以外に考えないようにするとお得になります。

口座開設ボーナスは1アカウントにつき1回までと限定され、複数の口座を作って受け取りまくることは不可能です。

ボーナスはあくまでも取引の証拠金になり、そのまま出金することは不可能です。なおかつ1円でも出金した場合、口座からなくなります。

出金してボーナスがなくなってしまうと2度と復活することはなく、タイミングは慎重に決めないと損をすることもあります。

追加口座を開設する時は既存口座から資金を移動するとボーナスも送金額に応じて移動し、有効証拠金にカウントされます。

is6comではゼロカットシステムがありますが、口座残高がマイナスになればすぐにされるわけでなく、ボーナスで相殺されてから行われます。

is6comは金融ライセンスを所有していない無登録業者のため、ボーナスを受け取って未入金でトレードされて出金されると会社側が損をするために拒否されることもあるようです。

出金拒否されることは今までトレードをして利益を出しても無駄になるため、信用できるかどうか確かめてから選ばないとそれなりのリスクがあります。

is6comの入金ボーナス

is6comの入金ボーナスのアイキャッチ画像

is6comのボーナスは新規口座開設以外に入金でも付与され、期間限定で行われるため最新の情報をチェックするとチャンスを活かせます。

2019年9月の場合は14日までは取引量に応じてボーナスが付与され、5ロットから20ロットまでは20%のボーナス、21ロットから50ロットまでは50%ボーナス、51ロットから100ロットまでは100%ボーナス、101ロット以上は120%ボーナスと取引量に応じて割合が増えていきます。

最大で120%付与されるため100万円入金すると220円の有効証拠金になり、取引量を増やすだけでお得にトレード資金を増やせる仕組みです。

最低取引量は5ロットで6000円の入金額になり、口座開設ボーナスが1万円であればそれだけでも対象になります。未入金ボーナスは取引の証拠金として使え、少しでもお得になるようにトレードをすると便利です。

9日から15日までは当選者限定で入金ボーナスを実施し、抽選式とはいえ最大で200%になるため有効証拠金を3倍にできます。

200%は当選確率が極めて少ないですが、100%や50%もあるため当選時に入金すれば有効証拠金を増やせて効果的です。

当選結果はマイページで表示されるためキャンペーン期間であればこまめにチェックし、少しでもお得になるようにすれば入金額を減らせます。

is6comは金融ライセンスを保有していないため少しでも入金額を少なくしたいもので、口座開設ボーナスだけでなく入金ボーナスをうまく活用すると便利です。

ボーナスはそのまま出金することは不可能ですが、トレードで利益を出せばできるためハイレバレッジの勝負をするために役立ちます。

入金ボーナスの内容はキャンペーン期間によって条件や金額などが変わるため、興味があればチェックするとお得になります。

ボーナスの内容は会社の運営状況などに左右されやすく、今後は新規口座開設で付与される金額や入金ボーナスの条件や割合などが変わることも予想されるものです。

入金ボーナスは抽選式になるとワクワクしますが、高くなれば有効証拠金を一気に増やせるため資金に余裕を持てます。

2018年10月はサービス開始1周年を記念して口座開設ボーナスが1万円で初回入金ボーナスが当選者限定で200%のキャンペーンを開催していた実績もあり、今後は節目となる時期に豪華な内容になる可能性もあるようです。

is6comのボーナスの注意事項

is6comのボーナスの注意事項のアイキャッチ画像

is6comで付与されたボーナスは、そのまま出金できないことは他社と共通していますが、1円でも出金した時点ですべて失ってしまうため注意が必要です。

ボーナスクレジットは口座内で現金とは別の枠で扱われ、急激な価格変動が起きて口座がマイナスになって埋め合わせるために使われます。

基本的に、取引にボーナスクレジットを使う時は未入金でもでき、すべて使い切ってから入金するなど臨機応変に考えると出金する際に残らなくなるため安心です。

スタンダード口座のみで適用され、マイクロ口座やプロ口座など他の口座タイプに比べるとスプレッドが広くなります。
スプレッドはいわゆる取引手数料のことで、スキャルピングをする際には負担する金額が多くなる仕組みです。

スタンダード口座はボーナス狙いであれば迷わずに選び、未入金でも高いレバレッジでトレードができるようになります。レバレッジは高くなれば必要証拠金を減らせ、たとえボーナスクレジットであっても適用されて便利です。

ボーナスは一度出金してしまうと失ってしまうため、なるべく口座に残っていない状態でしないと損をすることになります。

is6comでは新規口座開設と入金でボーナスが付与されますが、キャンペーン期間中のため開催されていないとチャンスを逃すこともあります。

キャンペーン期間は公式サイトで最新の情報として案内されるため、少しでもお得にすることを考えていれば最適なタイミングで口座開設をしてボーナスをもらい未入金トレードをすると効果的です。

is6comは開設されて3年未満で金融ライセンスを保有していないため、未入金トレードで利益を出せば出金を拒否されることもあります。

ボーナスは新規口座開設と入金で付与されますが、他社と比べて利益を出せば必ずしも出金できるとは限らないなどのリスクがあることを把握して計画を立てることが重要です。

is6comのボーナスについてのまとめ

is6comのボーナスについてのまとめのアイキャッチ画像

is6comを利用する時は金融ライセンスを保有せずに運営実績も3年未満のため、基本的に入金額を少なめにするように考えると倒産した場合のリスクを回避できます。

入金額を控える方法はボーナスを元手にトレードをすると効果的で、新規口座開設と入金で付与されるためチャンスをうまく活かせば便利です。

ボーナスはそのまま出金すると持ち逃げになるためできませんが、入金ボーナスは抽選で最大で200%とお得になります。

新規口座開設ボーナスは、通常では5000円ですが過去には1万円と高いこともあり、今後は記念キャンペーンがあれば可能性があります。
口座開設ボーナスは1人1回に限定され複数の口座を作ってその都度付与されないため、不正な行為をしないようにすることが大事です。

入金ボーナスはキャンペーン期間によって様々な内容があり、抽選式でも割合が多くなれば一気に有効証拠金を増やせます。取引量によって割合が増える時はキャンペーン期間中に積極的に利用し、有効証拠金を増やしつつお得にトレードができるようにすると効果的です。

ボーナスは残った状態で出金してしまうとその場で失い、復活することはないため最適なタイミングを選ばないと損をする羽目になります。

is6comは金融ライセンスを保有せず営業する業者のため、未入金でボーナス狙いのトレードで利益を出しても出金を拒否されることもあります。出金拒否の理由は業者側が損失を防ぐためで、ある程度の入金がなければいけないこともあるようです。

ボーナスはそのまま出金できないなど制限がありますが、有効証拠金として使うと余裕を持ってトレードができます。レバレッジは最大で1000倍と業界最大級で、ボーナスを元手にトレードをしても一獲千金を狙えることもあります。

is6comを選ぶ時は、金融ライセンスがなくて資金管理に不安があることがデメリットですが、ボーナスキャンペーンが豊富などメリットもありうまく活用すると便利です。

入金額を抑えたい時はキャンペーン期間を利用し、有効証拠金を増やして余裕を持ってトレードをするようにすればリスクを減らせます。

そして少ない資金でトレードすることができるのでお得になるので、口座開設ボーナスや200%入金ボーナスは是非利用して欲しいサービスです。