is6com

【海外FX】is6com(アイエスシックスコム)の追証とロスカット

is6comは追証なし

is6comは追証なしのアイキャッチ画像

会社概要

is6comは、会社としてワールドトレードを行うFX事業者になります。

ただし、金融取引業とは別格になっているので、まったくのFX専用事業部といったところでしょう。なお、日本に在住の人、顧客指定というかたちにはしていませんが、日本語サイトは存在しています。

つまり、「世界各地に拠点があるようなインターネットの中のみのFX会社」と考えたほうば無難になります。

もし万が一トラブルになった際には、たしかに法的な対処法が見つからないかもしれませんので、よく留意してユーザーになるかどうかを考えてください。

そして、自己認識でis6comのユーザーになるのであれば、その結果は、ユーザーにまでリターンされるというものです。

会社としては正規に営業している感はありますが、日本のユーザーにとっては、反感めいたものもありますので、そのリスクある商品を扱うというFXですから、保証のサービスが効かないという点で新規産業の今後を待たれると言った感じでしょう。

追証

追証については、自己責任での運用を促しているis6comですから、その追加金は必要ないとされています。
ただし、ロスカット値との兼ね合いから、一般ユーザーにしてみればその限度額以上の取引をしてしまい、危険な部分があると言っても過言ではないでしょう。

追証がないとするFXサイトに利用性が傾くという一般ユーザーの認識がありますが、これはプロ仕様となっていますので、プロがロスカットまで含みを持たせない場合にのみ、その効力を発揮します。

ですので、追証がないからといってis6comに群がってしまうのには警笛があります。

プロのトレーダーがそのユーザビリティを考慮して追証なしを選ぶのであれば、それは理にかなっていますので、かなりの自由度の効いたFX関連取引が可能となるのです。

追証システムがないという点で、もちろん担保金となる預入が多い人にとっては楽になります。
ですので、追証のレベルがどの程度であるのかは、個人のFXスキル次第になるという考え方で通してください。

追証があったほうが、個人の金額の防護になるという考え方は、やはり素人向けにはなるのです。

ただし、金額ばかりを求めてしまうノーマルユーザーには、そこの見極めがむずかしいところでもありますので、is6comが日本のユーザーを対象にしていないというチェックを是非とも入れておくべきになります。

is6comはゼロカットシステム対応

is6comはゼロカットシステム対応のアイキャッチ画像

is6comのゼロカット

ゼロカットシステムというのは、追証の無い段階においてその証拠金を要求されない仕組みとして動きます。

通常のロスカット値は少々上向きにセットされていますが、このゼロカットではギリギリの0の数値にまで相場を待っていることが可能になります。

このような仕組みはヘビーユーザー向けか、もしくは危険な取引となる可能性がありますので、一般ユーザーには向いていません。

ゼロカットとなったときにその損失分をFX会社に埋め戻す必要はないという時点でメリットのようにも感じられますが、実際は担保となる自分の金額を守ることができないとも考えられます。

ゼロカットで有利になるためには相場の動きを知っていて、その限度ぎりぎりまでのホールド状態をキープするのに意味のある人たちの仕事になります。

ゼロカットで強制ロスカットがないのでユーザビリティが高いと考えるのであれば、そのはなしに一般ユーザーは乗らないようにしましょう。

ゼロカットのタイミング

ゼロカットのタイミングとしては、自分の金額がゼロになる時点で、強制的に最初に含ませた金額が全くなくなるという意味になります。

これは、深い相場取引といった感じでなんの保証もありませんが、プロのトレーダーからすると利点はあります。

つまり追証というものではないですが、資金を余剰としてもっている場合に、そのゼロぎりぎりまでの相場のターンを待つ手法には向いています。

資金担保の多い人がFXの相場に金額を入れ込むとして、その都度の取引ができるひとであるならその使用価値はあります。ただし、金額を限度ありとして使う一般FXユーザーに関しては、やはり危険度は高くなります。

相場のターンがどのあたりで動くかについてはやはり一般のレベルではわからないことですので、その間に信憑性の低い情報に右往左往してしまってはis6comのユーザーにはなれません。

ゼロカットのタイミングについては、相場の流れが急に変わることもありますので、事前に使用しない分だけの金額を用意しておくことが無難となります。

ゼロカットを回避するためには、FX会社に方に払う必要のないカットシステムであり有用とされる面がありますが、実際の防備のことを考えて、
ゼロカット前に証拠金を用意しておく必要があるのです。

そして、どのように相場が急変するかについても、情報の在り処やその防備をしっかりと考えておく必要があります。

is6comのロスカットレベルは50%

is6comのロスカットレベルは50%のアイキャッチ画像

is6comのロスカット水準

ロスカットレベルが50%という数字は、日本では低すぎるというイメージがあります。
ただし、ゼロカットシステムを導入できるis6comからすれば、その50%のロスカットをキープしていくという仕組みはたしかに防備策となります。

ロスカットをキープするというのは、証拠金のレベルからすると絶えず半額に減耗するという危険性ははらんでいます。ですので、このロスカットの水準でさえ、ヘビーユーザーかプロのトレーダー向きであることは事実になります。

プロのトレーダーというのは資金源を確保していますので、その都度の入金で対応しているようにしています。それぜも完全にゼロになるようなゼロカットシステムよりは安全だという意味で、ハーフカットの意味があるでしょう。

一般ユーザーのレベルにおいてはロスカットが50%でも低すぎる、つまりリスクが高すぎるというイメージがありますので、預金などが不足している場合は、それでも相当のリスク運用というかたちになります。

ロスカット水準は日本の大手がやっている、ある程度の含み損を緩和する目的でFXのやり方が通っているのです。つまり、日本からすれば日本のユーザーが資金倒れになってしまっては困るので、結果的にこのような低すぎる水準のロスカットはあまりないというかたちになります。

ここでいうロスカットが低すぎるというのは、もちろん一般ユーザーではデメリットになるでしょう。

証拠金のマイナス

証拠金のマイナスという観点から、どのような意味でそれを使用するかには二通りあります。

つまり、証拠金を最初に投じたいお金からすると、マイナスの含みになっていると考える良質な考え方があります。

そして、証拠金がもしゼロカットシステムを利用していてとなると、実際手持ちの金額が全くなくなるという意味になりますので、その際は証拠金がゼロになると考えてください。つまりマイナスに含んでいる時点で、あえてロスカット50%の位置で考え直したほうが無難であるということです。

is6comは日本国の在住の人をターゲットにしていませんので、これらの証拠金のマイナスの時点での対応には、やはり後々の問題点を残す形にもなりえます。

それを回避するためには、証拠金のマイナスの時点で、自分にどのようなリスクが関わってくるようになるのかを、事前に計算する必要があります。預金が残っていない時点では、そしてプロのトレーダーでない場合には、たしかにリスクが高すぎるという話になります。

is6comは金融ライセンスを持っていない

is6comは金融ライセンスを持っていないのアイキャッチ画像
is6comが金融ライセンスを持っていないという話には、たしかに危険度が高いという意味が含まれます。

相場取引というものは、本来ユーザーの責任によってその動きがあります。そしてその損益に関しても、FX業者とは責任の移動がありません。

ただし、金融ライセンスという意味においては、国家の枠の中の事業という意味であれば、その保障の意味においてライセンスは持っていなくてはならないのです。

つまり、このライセンスという意味は、FX会社が国家に登録している事業保障性に問題の在り処があるという意味になり、またユーザーがそれを回避している場合においてはライセンス回避の中の回避になりますので、結果的になんの保障のない状態に陥る可能性が高いのです。

金融取引においては、ライセンスがあるなしによって、その業者としての信用性とユーザーとしての信用性が両方として問題になります。ですので、安全取引をしようとするなら国内のFX会社を選ぶほうが良いのです。

ただし、金融ライセンスがないという時点での営業が国内ではできないのに対して、資金担保のあるヘビーユーザーからは利用価値があるとされるのも実態なのです。

なぜ、金融ライセンスがない状態でFX事業がやれるのかについては、たしかにそのライセンス基準においてユーザーを賄ってしまうと損失の出る世界になりますから、is6comが独自に判断しているという可能性もあります。

また金融取引において、海外からの送金をメインにするかたちにもなりますので、その資金移動に関して信頼あるユーザーを選んでいるという考えも成り立ちます。

ただし海外送金に関して、金融ライセンスがないということでは、たしかにシステム上の不具合というかたちでなんらかのトラブルが発生することも考えられます。

これは、海外との送金や金融ライセンスの問題において、送金手続きやFX操作がうまく働かないなどのクレームにもつながります。
もし安全な取引をしようとするのであれば、国内の大手の業者を選ぶのがやはり無難でしょう。

そして、is6comがライセンスのない状態でクレーム対応をするとは限りませんので、あまりクレームを投げかけるようなユーザーからすれば向いているFX会社とも呼べなさそうです。

自己責任と判断力でFX会社を選ばなくてはなりません。
そして、そのリターンについても確かな判断力で訂正していかなくてはなりません。

is6comの追証とロスカットについてのまとめ

is6comの追証とロスカットについてのまとめのアイキャッチ画像

is6comの追証

is6comの追証の在り処については、たしかに自分の資金がゼロになるまで危ないとする段階になります。

ライセンスがある状態では、証拠金の含み損がある時点でFX会社との間での規約がなんらかの作用を及ぼすものですが、資金がゼロになっても追証要求がない時点では、手元資金になんの防備も入っていないのです。

このようなFXを行う人は、預金がたくさんある人であるか、もしくはプロのトレーダーが意味があってそれを行っているかに限ります。ですので、自分の資金を守るためにも、一般ユーザーであればロスカットのゆるくないタイプのものを選ぶと良いでしょう。

そして、is6comの深い相場感覚にあまり真剣になりすぎないようにしなくてはなりません。

ロスカットの段階がユーザーを守る意味において働いていることは、良識をもったユーザーなら解るのですが、実際一般ユーザーにとってみれば、リターンを想起しすぎて実際の自分の位置を見失うということがありえます。

ですので、ロスカットが厳しい位置にあり、証拠金を守らなくては自身の財布にまで影響がある人達は、たしかにis6comからは引いたほうが無難となります。

is6comのロスカットのまとめ

is6comのロスカットについては、ロスカットを50%にキープしつつ、証拠金の入れ替えによって防護柵を張っておくという手法が良いです。

ですので、証拠金が多めにある人にとっては、その使用法はなにかのテクニックと同時にやっている可能性があります。

一般ユーザーの感覚からすれば、危険なリスクを伴うロスカットの低すぎる基準に何か興味を覚えてしまうのかもしれませんが、あくまでワールドトレードにおけるこのような仕組みにはリスクが有りすぎる面を知っておかなくてはならないでしょう。

そして、資金の流れが海外送金、そしてロスカット以前での対処法を知らない人たちにとってみれば、やはりライセンスなしというかたちでの興味をひかれる点な否めません。

そして、情報価値という点では、このロスカットの低すぎる位置を理由に、正確な情報を手にしなくてはならないのです。
つまり、一般ユーザーでは正確な情報を獲得するのが難しいために土壺にはまってしまう可能性は高くなります。

is6comはヘビーユーザーとしても、何か訳有のプロのトレード仕様ということを踏まえた上で、もし借入金によってFXを回しているようなユーザーがいれば、原則として厳禁であることは公示しなくてはならないと考えます。